- 小泉明日子49歳 更年期をプラセンタで乗り切るの巻 -

HOME更年期のおもな症状と乗り切り方
眠りが浅い?やたらと早起き&夜更かし

眠りが浅い?やたらと早起き&夜更かし

更年期の症状として、不眠などの睡眠障害を訴える人も多いそうです。調べてみました。そして、考えてみました。

ぐっすり眠れないのも、更年期のせい...

更年期についていろいろ調べたら、寝付きが悪い眠りが浅いすぐに目が覚めてしまうなどの原因も、エストロゲン減少に伴う自律神経の乱れでした。

自律神経には、昼間や活動時に活発になる「交感神経」と、夜や安静時に活発になる「副交感神経」があります。

本来なら、夜になれば副交感神経が優位になり、リラックスして身体を休めるはずですが、自律神経のバランスが崩れると、交感神経が優位な状態が続いてしまいます。

このため、「眠りが浅い」「早朝に目覚めてしまう」などの不眠になるのです。

また、他の更年期障害の症状も「手足が冷えて、眠れない」「夜間、突然のぼせたり、寝汗で目を覚ます」「ほてりが冷めるまで、寝られない」など、眠りを妨げる原因になります。

さらに、不安感、焦燥感、うつなどのメンタルな更年期症状が絡むと、不眠はますます重くなります。

更年期の睡眠トラブル対処法

小さな子どもが夜になっても寝なかったりすると、「昼間に十分身体を使って遊ばせれば、夜はぐっすり眠りますよ」などと言われます。

若い頃も、明け方まで遊び回って呑んだくれてバタンキューなんてことができました。

でも、十分にオトナになってからクタクタになるまで頑張っちゃうと、目が冴えてかえって寝つきが悪くなっちゃいますよね。

なのでやっぱり、ほどよくカラダを動かしたりぬるめのお風呂にゆっくり浸かったりして、リラックスを心がけるのがいいらしい。

去年、TRFのイージードゥーダンササイズを買ったけど続かなかった。かなりハードなダンスだったし、覚えられない明日子はジュリアナとか行かない派だったからね。で、けっこう続いているのが、NHKで朝6時25分からやってるテレビ体操。あれならカラダが覚えてるし、早起きも得意だし

でも、そのくらいじゃ解決しないツラい不眠症になってしまったら、病院で先生に診てもらってくださいね。

眠れないと疲れがたまって悪循環に陥ります。他の病気まで誘発しかねないので、我慢しないで受診しましょう。

でも、「なんとなくグッスリ眠れない感じ」くらいなら、ホルモンバランスの崩れを調整するところから始めてみてもいいと思います。

根本解決すれば、頑張りすぎの交感神経が落ち着くだけでなく、冷えやのぼせに眠りを妨げられることもなくなり、メンタル面も改善して、スムーズに睡眠トラブルから抜け出せるらしいです。

ホルモンバランスを改善するには...、ほら、あれよ、あれ、あれ、馬プラセンタサプリ ぱかっ

小泉明日子のおすすめです