- 小泉明日子49歳 更年期をプラセンタで乗り切るの巻 -

美意識高い+美白な韓国女性

美白美肌に熱心に取り組むユジンちゃん(仮名、29歳)の体験談をご紹介します。

ユジナを見ていると、どんなことでも「これで満足」「これで十分」ってことはないんだなと反省させられます。

29歳の美肌のキメをさらに整える...

ユジンは、どんなことでも諦めずにやり通す頑張り屋さん。お仕事でも、かなりコダワリの作品を作り出します。

で、美肌についてもそう。

アジュマ("オバちゃん"という意味の韓国語)は、ユジンにお肌の悩みがあるとは思いませんでした。アジュマの老眼が進んでいるせいではないと思います。

が、実は、皮膚科に通い、そして、なんと数ヶ月前に馬プラセンタに辿りついていたのでした。

しかも、私のお気に入り『キレイ・デ・プラセンタ』だったの。
アガシ("お嬢さん"という意味の韓国語)が選んだものなら間違いないと、自信が湧きました。

外国産馬の製品も多数ある中から、日本国産馬のプラセンタを選んでくれたことも、ちょっとうれしい
「ネガ、タンシン、サラハニカ!」ぜ~んぜん頓珍漢な意味だけど、私がそらんじている韓国語のフレーズ(ヨン様がストーブの前でユジンに告ったセリフ)で、明日子の気持ちを表現してみました~(^0^)/

「アガシ~、体験談、書く~?」と聞いたら、とても上手な日本語でホントに書いてくれたので、そのまま一文字も直さずに載せちゃいますね。

肌が乾燥してチクチクしていた「ユジンちゃん」

馬プラセンタを飲み始めたのは友達のおすすめからでした。

私の肌質は悪くないですが、(むしろ友達からは肌きれいと言われていました)冷房や暖房による乾燥が年々ひどくなってきました。

家では暑さも寒さも我慢して冷房や暖房をつけないようにしていましたが、会社ではそれもできず...。

ひょえ~!ユジンのこだわりはスゴい!韓国ドラマ観ながら「韓国人は情熱的ね~」と思っていたけど、やっぱり大陸の人は徹底してるね(・・)/     そして、こんなにかわいい写真も撮ってくれました ⇒

特に冬にはほっぺたが真っ赤でチクチク痛くなり、皮膚科にも行っていました。

栄養たっぷりのエッセンスやクリームをいっぱい塗ったり、韓国のパックをつけるなど、色々な対策はしてみましたが、それもあまり効果はなかったです。

一番効果があったのが、皮膚科で処方されたクリームでしたが、薬であるクリームを長く使いたくなかったのです。

そんな中、友達からおすすめされたのが馬プラセンタのサプリメントでした。

プラセンタって少し抵抗があって飲みたくないな…と思いましたが、一度試しに飲んでみようとトライアル商品を購入して飲んでみました。

商品は自分が考えたよりきれい(?)で違和感など全然なかったです。

 

箱もシンプルでおしゃれ。キャプセルも飲みやすいミニサイズ!1円のコインより小さいです。

効果は…最初の3日間は全然現れなかったです。1週間ぐらい飲み続けると朝起きた時に変化がありました。いつも寝る前に飲んでいたのがよかったのか、顔がカサカサせず、潤っていました。

気のせいかな..と思いましたが、会社でも乾燥感が少なくなり、飲み続けると徐々にもっと効果が表れるようになって顔の赤みも消えました。

馬プラセンタは、他の効果も色々あるようですが、健康になったとかダイエットになったなどはよく分からないですが、お肌の保湿やハリ、つやには効果があると感じました。

個人的には副作用みたいな現象もないので、これからも飲み続ける予定です。