更年期にはプラセンタが効くんだって!

- 小泉明日子49歳 更年期をプラセンタで乗り切るの巻 -

私が更年期障害の症状を感じ始めたのは47歳の頃。48歳になってからプラセンタのサプリを飲むようになって1年が経過。49歳の今は、更年期と仲良く付き合っています

このサイトは、私、小泉明日子(仮名、49歳)が、更年期障害について調べたこと、更年期障害の乗り切り方、馬プラセンタサプリに辿り着いたことや調べたことなどを、書き留めたものです。「な~んか調子悪いのよね」と感じはじめた中山美穂世代の方から「だいぶ慣れてきたけど」という松田聖子世代の方々の参考にしてもらえるといいなぁと思っています。

プラセンタのチカラで、更年期を快適に (^o^)/

あれは47歳の春、カラダが痛くて、重くて、だるくて…。仕事が忙しかったので、もう若くないしなぁ~なんて思っていました。それから数ヶ月後の夏、やたらと汗をかくようになったのですが「今年も猛暑だし~、節電しなきゃだし~。」と暑さのせいにして、自分に更年期障害の症状が出ているなんて、思ってもみませんでした。

そして、冬は冬で、つめたく冷えた手足も「節電だから寒いのね…。」と思いながら春を待ち、まもなく「今年は暑くなるの早くない?今年も猛暑?っていうか毎年よね~。ダルくてもうムリ~。」などとボヤキながら暮らしていました。

が、ふと気づけば、色白だった肌のトーンは落ち、ほうれい線も目立ってる…。なんとかしなきゃとネットで検索し、高価な美容液を購入しました。実はこれが、プラセンタとの出会いでした。

そして、美容液の効果を通じてプラセンタの威力を知ったことをきっかけに、プラセンタについて調べて、プラセンタサプリを飲むようになったのです。

プラセンタについて調べたことはコチラ

すると、美白肌が戻ってきただけでなく…

更年期障害の症状の緩和1カラダが痛くなくなったの~。

更年期障害の症状の緩和2汗も吹き出さなくなったの~。

ぐっすり眠れるようになったの~。

更年期障害の症状の緩和4お腹も壊れなくなったの~。

手足もホカホカよ~。

49歳の今、気楽に身軽に明るく暮らしています

私が飲んでいるのは、『キレイ・デ・プラセンタ』

根本的にカラダを整えて、キレイに元気に快適にしてくれるのが「プラセンタ」。
カラダのすみずみにまで染み込ませたいと思ったので、原材料の品質や安全性、カプセルの素材や製造過程にまでこだわりぬいて探しました。
そして、とうとう辿り着いたのが『キレイ・デ・プラセンタ』でした。

パカッパカッパカッパカッパカッ

こだわり① 安全性の確かな国産サラブレッドの胎盤を使用

有効成分が濃い馬プラセンタ、しかも国産サラブレッドのプラセンタだけを使用。国産サラブレッドは、厳格に血統登録され、無農薬飼料で育てられているから、その胎盤の安全性はお墨付き。

こだわり② 栄養成分を壊さない製法で、高品質のプラセンタを抽出

胎盤に秘められた栄養成分「成長因子(細胞増殖因子)」を壊さない「ラエンネック製法」で抽出した高品質のプラセンタを使用。ラエンネック製法は、プラセンタ注射で有名な製薬会社で数十年の実績がある信頼性の高い製法。

こだわり③ 品質万全で飲みやすいハードカプセル

植物由来、GMOフリー(遺伝子組み換え原料を使わない)、アレルゲンフリーのハードカプセルに、馬プラセンタのみを充填し、余分なものは一切含まれていない。バンドシールド加工で気になるにおいもシャットアウト。小型カプセルなので飲みやすい。

こだわり④ 100%ピュアな馬プラセンタ原末が1カプセルに220㎎

小さなカプセルなのに高純度プラセンタが220㎎。他社は200㎎以下だから10%以上も多く入っているわけで、実は割安。必要十分な適量を1日1カプセルで摂れてとってもラク。

こだわり⑤ 原料工場・生産工場はGMP認定工場

日本国内にある原料工場・生産工場は共に、GMP認定工場。細菌検査は、原料受け入れ時、中間製品時、最終製品時の計3回。衛生管理は徹底され、安全性にこだわっている。

というワケで、私が選んだのは、キレイ・デ・プラセンタです。